ご依頼までの流れ

1 無料相談

当HPの相談フォームから、相談内容等を出来るだけ詳細に記入し、送信してください。
可能な限り、当日にお返事いたします。 (土日祝日は除く)
なお、業務量を事前に、ある程度把握できる場合は、この時点で概算のお見積もりを提示させていただくことも可能です。

2 ヒアリングと面談日の設定

ご相談フォームで 送信して頂いた内容について、こちらから、不明点のご質問や準備していただく資料、面談日の設定を行うためのメールを送付致します。

3 ご面談

資料をお持ち頂き、現状の把握、業務量の確認、その他のご相談に応じます。
必要書類はこちら。

また、その場でお見積もりできる場合は、その場で料金を提示いたします。

業務量が多い場合や、複雑な場合、極端に時間的余裕がない場合などは、別途メールにて、翌日までにお見積もりを提示させていただきます。

4 業務の受託

面談の際に提示した料金若しくはメールにてご連絡した料金でご承諾頂いた場合は、下記の書類に署名をお願いいたします。

・決算業務契約書
・電子申告利用同意書

5 料金のお支払(前払い)

ご提示させていただいた料金のお支払をお願いいたします。

原則、前金でお願いしておりますが、資金繰りの関係等で、前払いが難しい場合や、分割払いをご希望される場合については、個別にご相談ください。

6 決算業務開始

入金の確認が取れ次第、作業に取り掛かります。

なお、作業を進めるに当たり、必ず質問事項が発生します。
期限のある業務ですので、こちらからのご質問等には、出来るだけ早めにご回答頂けますよう、ご協力をお願いいたします。

7 決算書の完成

決算書が完成した時点で、いったん、メールにて決算書を送付致します。

内容をご確認して頂いた上で、問題がなければ申告書作成に移行します。

8 確定申告書の完成

申告書が完成した時点で、決算書と同様にメールにて送付致します。

内容をご確認して頂いた上で、問題がなければ提出作業に移行します。

9 確定申告書の完成

申告書の提出
申告の提出を、電子申告にて行います。

・法人税申告書、消費税申告書、所得税申告書 → 税務署(etax)
・都民税、事業税申告書 → 都税事務所(eltax)

10 税金の納付

納税が発生する場合、申告期限までの納税が必要になります。
通常、納付書を使い、金融機関等の窓口で納付しますが、ネットバンキングで納付できる場合もございます。
ネットバンキングでの納付をご希望の場合は、納付のための手続きを行います。
通常の納付書での納付をご希望の場合は、納付書を郵送いたします。

11 決算書・申告書の控えの交付(納品物1)

提出が完了した申告書等の控えを、紙ベースで送付致します。
なお、電子申告で提出するため、紙提出の場合に押される、税務署の受付印等はございません。
代わりに、電子申告した場合の、受付通知を申告書に添付いたします。

12 総勘定元帳の交付(納品物2)

一連の決算業務の主なものは、申告書の提出ですが、会社と個人事業の保存資料として、総勘定元帳の保存が義務付けられています。(7年間)
申告完了後、総勘定元帳を紙ベースで送付致します。
なお、総勘定元帳については、PDFファイルでお渡しする場合がございます。(CDR)
その場合は、自社で印刷し、保存をお願いいたします。

13 業務完了

上記、(11)(12)の送付が完了した時点で、業務完了となります。
なお、申告後に、修正や追加事項、誤り等が発覚した場合は、お早めにご相談ください。
特に、過大に税金を申告した場合は、5年以内でしたら修正が出来ますが、それ以降では修正出来ず、納め過ぎの税金を取り戻せなくなりますのでご注意ください。