粉飾決算した場合の税金還付

Q.過去の粉飾決算で、税金を多めに払ってしまいました。
税金を取り戻すことは可能ですか?

A.申告期限から5年以内でしたら、取り戻すことは可能です。

過去に、融資などの事情でやむなく粉飾決算してしまった会社も多いと思われます。

その際に、法人税や消費税、地方税なども多く支払っているはずです。

平成23年12月以降、過去の申告で過大に税金が発生している場合は、5年間遡って、税金を取り戻せることになりました。

「更正の請求」や「更正の申出」と呼ばれる手続ですが、以前は1年間しか遡れなかったのですが、5年に延長されています。

この制度を使って、税金を取り戻すことが可能です。

多少、特殊な処理になりますので、還付までには早くても数ヶ月はかかります。

ご依頼なさる場合は、お早めにご検討ください。