過去決算修正後の金融機関対応

過去の決算修正後の金融機関対応

そもそも、金融機関は、ある程度の誤差、粉飾決算を見抜いた上で融資をしています。
ですので、当事務所では、誤った決算書を正しい決算書に修正するのですから、金融機関から見ても一概にマイナス評価を受けるものではないと考えます。
とはいえ、意図的かどうかにかかわらず、正しくない処理や粉飾決算をしたことは事実ですので、マイナスイメージは避けられません。

現状、約定通りに金融機関への返済が出来ているのであれば、過去の決算、粉飾決算を修正すること、つまり、正しい決算書を提示し、誠実に対応することで、良好な関係を維持できるかもしれません。

また、既に約定通りに返済できていない場合は、リスクはほとんどないと思われます。