無申告・税金滞納の状態から抜け出しましょう。

無申告・税金滞納の状態から抜け出しましょう。

最近、下記のようなお問合せがとても多くなっております。

  • 決算・申告が遅れていて、困っているので相談に乗って欲しい。
  • 税務署から青色申告の取消通知が届いて、ビックリしてお問合せをしてきた。
  • 税務署から申告の催促がきているが、どうしたらよいか分からない。

このようなご相談が多くなってきた背景には、次の理由が考えられます。

  • 平成18年の会社法改正により、会社が簡単に設立できるようになったこと。
  • 会社設立で手数料を稼ぐ行政書士、司法書士、税理士がネット上に溢れていること。
  • 安易に会社設立を勧める書籍、記事を信じて、個人事業主として開業する選択を視野に入れていないこと。
  • 会計、税務は、個人事業と会社では大きく違い、会社の方が難易度が格段に上がってしまうこと。
  • 規模的には個人事業レベルなので、経理などの専門知識がある人材が社内にいないこと。

このような状況で、無申告になってしまっている社長を拝見していると、私見ですが下記のような分類になるように感じています。

  1. 自分でやろうとしたが、書類が難解で断念、時間が無いので、そのままほったらかしに。
  2. 経営が悪化し、税理士に報酬を払えなくなったため、その後は無申告に。
  3. 会社設立したものの、軌道に乗らず、ほとんど何もしないうちに数年が経ってしまった。
  4. 申告義務を知らなかった。
  5. 意図的に申告していない。

感覚ですが、1から3は各30%、4と5が各5%です。
正直、危険な香りのする会社もございますが、大抵は善良なお客様です。

ただ、無申告になってしまっているお客様は、相談するところがないんですね。
だから、本当に困っている場合が多く、業務を承ると感謝され、変な感じもしますが、やりがいもあります。
人の役に立ってこその公的資格ですし、当事務所では喜んで承ります。

無申告の会社の申告を手伝って、納税してもらう。
お客様にも感謝され、税収も上がり、国に貢献できるのであれば、こんないいことはありません。

無申告でお困りのお客様、ぜひ、恥ずかしがらずに、当事務所までお問い合わせください。
今まで、無申告の会社様の決算を沢山承ってきました。
大抵の場合は、何とかなりますので、お気軽にご相談ください。

なお、当然ですが、脱税のお手伝いは出来ません。
出来る限り納税が少なくなるように考えますが、限界もありますので、その点はあらかじめご了承ください。